Pages

Ads 468x60px

2017年6月14日水曜日

chromium-browserのパッケージの作成

ubuntuパッケージ検索(https://packages.ubuntu.com/ja/trusty/chromium-browser)
より下記のdebファイルを取得
chromium-browser_58.0.3029.110-0ubuntu0.14.04.1176_i386.deb
chromium-browser-l10n_58.0.3029.110-0ubuntu0.14.04.1176_all.deb
chromium-codecs-ffmpeg-extra_58.0.3029.110-0ubuntu0.14.04.1176_i386.deb

chromium-browser_58.0.3029.110_i386 フォルダーを作成して debファイルをxarchiveで展開してフォルダーに収納

■実行ファイルの作成
Chromiumの起動 オプションを参考に実行ファイルを作成
/usr/bin/chromium-browser (実行権限をつける)
内容
#!/bin/sh
exec /usr/lib/chromium-browser/chromium-browser --user-data-dir=/root/.config/chromium --no-sandbox -disable-infobars --ppapi-flash-path=/usr/lib/adobe-flashplugin/libpepflashplayer.so --ppapi-flash-version=26.0.0.126 --disk-cache-size=10000000 --media-cache-size=10000000 --allow-outdated-plugins "$@"

■desktopファイル作成
/usr/share/applications/chromium-browser.desktop
内容
[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Chromium Web Browser
Name[ja]=Chromium ウェブ・ブラウザ
Comment=Access the Internet
Comment[ja]=インターネットにアクセス
Exec=chromium-browser
Terminal=false
X-MultipleArgs=false
Type=Application
Icon=/usr/share/pixmaps/chromium-browser.png
Categories=WebBrowser;

■デスクトップのブラウザアイコンで起動する為のファイル作成
/etc/chromium-browser/defaultbrowser  (実行権限をつける)
内容
#!/bin/sh
exec /usr/bin/chromium-browser "$@"

/etc/init.d/rc.chromium-browser  (実行権限をつける)
内容
#!/bin/sh
cp /etc/chromium-browser/defaultbrowser /usr/local/bin/defaultdraw

を作成
(「実行権限」はプロパティのパーミッションで簡単に付けられます)

■SFSパッケージの作成
roxの右クイックメニューに項目を追加する
「メニューをカスタマイズ」を選択
「このディレクトリーに指定・・・」とメッセージが出る
「実行」を選択
ディレクトリーをsfsファイルにするので
/usr/local/apps/dir2sfsをlink(相対パス)
でコピー
roxの右クイックメニューに「dir2sfs」が表示される
それを選択
「hromium-browser_58.0.3029.110_i386.sfs」が作成されます
roxの右クイックメニューにアプリを登録すると たとえば mp3ファイルを右クイックして演奏する場合
/usr/share/applications/deadbeef.desktop
をlink(相対パス)でドラッグ

この情報は
/root/.config/rox.sourceforge.net/OpenWithに保存されます

chromium-browser_58.0.3029.110_i386.sfs (67.7 MB)

flash_player_26.0.0.126.sfs

■動作確認
flash playerMP4 動画の再生
flash playerのバージョンを26.0.0.126で設定しています バージョンが異なる場合
--ppapi-flash-version=26.0.0.126
を変更して下さい
バージョンは「flash_player_ppapi_linux.i386.tar.gz」 を展開した「manifest.json」に書いてあります
■Flash Player について
Flash Player の更新が頻繁にあります
そこで 最近公開している日本語版は
Flash Playerをいれていません
sfsファイルを作って対応しています

作り方
Flash Playerのダウンロードサイトから
firefox用
flash_player_npapi_linux.i386.tar.gz
opera, chromium-browser用
flash_player_ppapi_linux.i386.tar.gz
をダウンロドして
「/usr/lib/mozilla/plugins」に
libflashplayer.so,libpepflashplayer.so,manifest.jsonを収納して sfsファイルにしています
本来 opera, chromium-browserのflash playerは「/usr/lib/adobe-flashplugin」に置くのですが 最近の子犬は「/usr/lib/adobe-flashplugin」は「/usr/lib/mozilla/plugins」にリンクが貼られているので「/usr/lib/mozilla/plugins」に置けばいいのです