Pages

Ads 468x60px

2017年4月18日火曜日

MokshaPup 1.5.0 JP

MokshaPup 1.5.0 Eng-Huが公開されています
以前公開した物(勝手にこちらにアップされている)が使用していて違和感を感じたので新たに修正版を公開します

MokshaPup-1.5.0-JP.nopae k-3-14-55-20170513.iso (416.8 MB)

こちらより k4-9-13 noPae kernel とnvidia driver (zip 72MB) が取得できます
展開された物を差し替えることも可能です

ブラウザはOperaを使っています また abiwordはインライン入力にしてみました

■インストール
USB4GBメモリーを用意
Gpartedで
ext4でフォーマット
フラッグに boot をつける
収納のフォルダー(MokshaPup)を作成
他のパピーのファイルマネージャー roxを使う
isoファイルは roxでマウントすると中身が表示されます
それを作成したフォルダー(MokshaPup)に全てコピーをする

ブートローダーの登録
grub4dos を使う
これでインストール作業は終わりです
作成した USBメモリーをパソコンに差しブートしてください
クイックセットアップが開きます
デフォルトで日本語環境で使えます

windowsの場合 Unetbootin等を使うと自動で作成されます
■国際化への対応
adrv_moksha_1.5.0.sfsを起動時にブート利用すると中国語やハングル、ロシア語、ハンガリー語等での利用ができます

[scim-googlepinyin-i386.sfs ]を使うと中国語の入力もできます

gimp-portableが使えます
USBの中を開くので「pmount」を使って開きます

ファイルマネージャーでもいいですよ
目的のファイル(gimp-portable-2.8.16-0.4.tar.gz)をクイックすると実行するアプリケーションの選択画面が開きます
「XArchive archiver」で展開された
「gimp-portable」
フォルダーの中の
「Register」をクイック →「実行」
登録されます
メニューに表示されます
確認でファイルマネージャーをひらきました
■SFSファイルの登録
「SFS Load on the fly」を
使って登録するのですが
ファイルマネージャーからも登録できます
目的のSFSファイルをクイックすると登録メニューが表示されるので「SFSを登録」を選択でもできます

「Petファイル」はファイルをクイックすると登録できます
■オフィースソフト
LibreOffice_5.3.0.3_x86_JP.sfs
wps-office_10.1.0.5503~a20p2_i386.sfs
が使えます
ワードとの互換性を売りにしているから
wps-officeがいいのかな
しかしインライン入力が・・・
mplayerが入っています
smplayer 17.4.0 が公開されていたのでそれをいれました
smplayerはQTのソフトなのでQTのバージョンをpreciseに合わせています
他 メニューを大幅にいじっています
動画の編集ソフト「avidemux」をいれましたsmplayer 17.4.0

「SMPlayerから音が出ない」というときは、「環境設定」の「全般」にある「オーディオ」タブを開いて、「出力ドライバー」を「alsa」に変更するといいようです

初期起動の際 デスクトップが表示するまで多少時間がかかります
常用では気になりません たぶん
日本語化にあたり remasterx-1.0を修正して使用しました
リマスターはオリジナルのシステムを理解してカスタマイズした要素をオリジナルのシステムに付け加える作業です
remasterx-1.0はtahr6.0.5用のツールなので他での利用では不都合があってもいたしかた無いと考えます
当方 カスタマイズしたpupletを公開はしていますがシステムを理解できる技量は持ちあわしていません
公開されているさまざまなツールを利用して作成しているにすぎません
一筆付け足しときます